さくらさくらの軌跡

当社は、福岡の町の一角に、小さな編み物教室として最初の火を灯しました。

先代の他界が機となり、さくらさくらは誕生します。

葬送の専門家の皆さまから儀礼文化を学び、ご意見・ご要望をいただき5年の歳月を経て、今までの常識では考えられないセオリーと衣装コンセプトを確立しました。

この取り組みがやっと起動に乗り出したある日。現代表が癌の告知を受け、闘病生活を送ることとなりました。
入院中に仲間と出会い、お別れを繰り返す光の見えない生活。そのような中で「最後まできれいでいたい女性の気持ち」と「希望を叶えてあげたい家族の気持ち」を目の当たりにし、再び強い使命を感じてゆきました。

「その働きは誠実であるか。美しいか」

先代が貫いた信念を引き継ぎ、この言葉は、さくらさくらの指針となっています。

※画像をクリックすると拡大できます

昭和33年
1958年

編み物教室として創業

創業まもなく 編み物教室
創業当時
創業者 お手製のニットで
創業者 お手製のニットで

昭和43年
1968年

洋裁店に業態変更

洋裁店 外観
洋裁店 外観
お針子さん達と
お針子さん達と

昭和49年
1974年

婦人服の量産縫製工場へ拡大

55年 社員旅行
55年 社員旅行
62年頃 工場内
62年頃 工場内

平成6年
1994年

アパレルメーカー
株式会社ルーナ法人設立
(先代と現代表で設立)

平成13年
2001年

先代の逝去に伴い現代表へ代替わりし、事業を継承

平成16年
2004年

おみおくりの正装(エンディングドレス)
“さくらさくら”商標登録出願

平成17年
2005年

おみおくりの正装(エンディングドレス)
“さくらさくら”商標登録

商標登録
商標登録

平成18年
2006年

・綜合ユニコム社主催 フューネラル(葬儀)ビジネス展 初出展
・福岡市中央区西中洲に日本初のエンディングドレスブティックオープン
・おみおくりの正装“さくらさくら”インターネット販売開始

フューネラルビジネス展
フューネラルビジネス展
エンディングドレスブティック
エンディングドレスブティック
(西日本新聞)

平成19年
2007年

・おみおくりの正装“さくらさくら”意匠登録出願

平成20年
2008年

「ブティックに棺を置く」展示方法が話題となり反響を呼ぶ
・おみおくりの正装“さくらさくら”意匠登録

取り上げられた記事の切り抜き(西日本新聞)
取り上げられた記事
(西日本新聞)
意匠登録出願

平成28年
2016年

綜合ユニコム社月刊誌『フューネラルビジネス業界創生人』で、
“エンディングドレス業界”の草分けとして取り上げられる

平成29年
2017年

福岡市博多区住吉へ移転。
エンディングドレスサロンオープン

博多区住吉へ移転
サロン内部